代表挨拶

image001

自己紹介

●昭和47年2月生まれ
●香川県高松市出身(うどん県です)
●慶應義塾大学商学部卒業
●株式会社中国銀行入社
●北四国商事株式会社入社 経理・総務部
●青山綜合会計事務所(都内会計事務所)入所
●フィンテリックス総合会計事務所開業(平成27年9月)

中世の歴史が好きだったこともあり、いわゆるバックパッカーで中米・中東・東南アジアを中心に海外27か国を旅してきました。

現地の人たちの優しい気遣いや片言での会話がとても好きでハマってしまいました。

今はなかなか一人旅をする時間もないため、3人の子供達と一緒に週末外で遊ぶことが楽しみです。

 

経歴紹介

大学卒業後、銀行では中小企業の融資審査、決算書分析や資金調達に関する業務に、一般企業では、経理・総務業務に携わってきました。

税務・会計業務は当然のことながら、資金調達、中小企業の経理業務については、経験に裏打ちされたアドバイスを提供することが可能です。

また、弁護士、司法書士、社会保険労務士、行政書士、一級建築士と提携しておりますので、強力な士業ネットワークでワンストップサービスを実現します。

 

こんな事務所です!

事務所名の「フィンテリックス」は、金融(finance)、知恵・情報(intelligence)、税(tax)が由来となっています。

会計・税務だけではない当事務所の強み・サービスを想いに込めております。

事業の成長スピードを速め、スピーディーに事業展開するためには、「金融(finance)」=資金調達、融資、金融機関との良好な関係構築はとても大切です。

事業をやっていく上で、様々な「税金(tax)」がかかります。

会社だけではなく個人にも税金はかかってきます。

どのような行為や取引に税金がいくらかかるかを知っておくことは、将来のキャッシュフロー(資金繰り)にとても重要です。

事業を行う上で、予め「知恵・情報(intelligence)」があれば、よりよい条件で資金調達が出来るかもしれません。

税法はその時代の政策や経済、社会的要請に合わせて毎年改正されており、税法という法律を知らなかったために、税金を多く支払ってしまう可能性もあります。

また、ある仕組みやスキームを利用することにより、会計・税務・金融面で全く違った結果になることも考えられます。

特に、これらの3つの要素は、どれか1つでも欠けていると最適な解決方法(ベスト・ソリューション)にならないと考えております。

フィンテリックス総合会計事務所は、これらの要素に対して、
「お客様のご要望をしっかりとお聞きし、迅速(スピーディー)な対応を心掛けます」
「信頼と安心の品質(クオリティー)をご提供いたします」
「常にお客様の立場・目線で物事を考え、解決方法(ソリューション)をご提案します」
で対応いたします。

 

こんな人です!

よく会計事務所の人っぽくない、税理士っぽくない、銀行員っぽくないと言われることがあります。

おそらく、皆さんの銀行・会計事務所に対するイメージは、「堅い・敷居が高い・本当のことを言えない・変なことを聞いたら怒られる」etcではないでしょうか?

経営者の方がリラックスしてなんでもご相談できる雰囲気作りを常に意識してお打ち合わせに臨んでおりますが、自然とそのようなご評価をいただいているのではないかと感じております。

お互いビジネスをやるにあたり、安心感や信頼感は必要不可欠な要素ではないでしょうか!?

 

私が皆様のお役に立てること

毎月帳簿や領収書チェック、決算申告書の作成という旧態依然の税理士業務サービスでは、絶えず変化する経営者のニーズに応えることは難しいと感じております

もちろん、毎月経営者とお会いして会社の業績を確認・報告することも大切な業務ですが、それだけでは経営者の真の満足は得られないと思います。

どの時代でも、経営者は、「人、モノ、カネ」に悩んでいらっしゃいます。

私は銀行出身という経験を活かし、特に、「カネ=資金調達・金融機関との関係構築」に関する分野で中小企業の発展に貢献したいと考えております。

会計や税務以外のことについても常にアンテナを張って、お客様とのコミュニケーションの中から経営者のお悩み解決をサポートいたします。

 

独立にあたって苦労したこと

一番は、お金です。

顧問契約を見込めるお客様がゼロからのスタートでしたので、今後本当にご契約をしていただけるかどうか不安でした。

1年目は、開業に備えて参加したセミナー、勉強会や異業種交流会で知り合った方からのご紹介もあり年間300万円ほどの顧問契約をして頂くことができたものの、まだまだ生活費を賄うことはできなかったので貯金が減る一方でした。

そのため事務所運営の予算としては最低限パソコンと会計ソフトを用意し、営業ツールは名刺のみでホームページはおろか事務所案内のパンフレットもない状態でした。

このままではまずいと思い、日本政策金融公庫に融資の申込みをしました。

 

皆様へメッセージ

私もそうでしたが、自分のやりたいことを実行するためには、資金が必要になります。

コツコツと溜めてから行うことも選択肢ですが、事業のスピードを上げるためには融資=借金ではなく、融資=投資というマインドを持つことが大事だと思います。

しっかりとした事業計画と熱意があれば、事業実績がなくても融資を受けることができる「創業融資」は絶対に必要だと感じています。

そこで、私は創業前の資金調達から創業後の資金繰りを中心に、一人でも多くの経営者パートナーになりたいと考えています。

絶対に一人でお悩みを抱えず、お気軽にご相談ください!

何かしらお役に立てることがあるかと思います。

フィンテリックス総合会計事務所
代表税理士 岡 明弘


お気軽にお電話下さい 創業資金のお悩み無料相談受付中! 0120-966-803 受付時間 9:00~22:00(土日祝も対応可) 無料相談の詳細はコチラ
ページ上部へ戻る